« 所有CDのほぼiTunes化完了 | トップページ | テクノラティジャパンのタグ »

2006/01/23

googleの検索結果からの削除について

ブックマークに追加する
Googleを使って、色々検索していると、たまに下記のようなメッセージが表示されることがある。
「Google 宛に送られた法律に関するリクエストに応じて、検索結果のうち1件を削除しました。必要に応じて、ChillingEffects.org で削除が発生したことに至った苦情を確認できます。」

具体的には、下記のような画面が表示される。
Googleの検索結果サンプル
注)この画面の元となる検索文字列は、当エントリで話題にするつもりは無いので削除している。


ここで、「苦情を確認」のリンクを辿ると、Chilling Effects Clearinghouse: ...の個別の状況ページが表示され、該当ページにおいては、「Japanese defamation complaint」(いわゆる名誉毀損)の問題が発生していることを確認できる。

もし、このような削除に問題があると信じるに足る場合、ChillingEffect.orgでは該当ページを削除したISPまたは検索エンジンに問い合わせるようガイドしている。

# まあ、Googleから削除された該当ページについては、当ブログ管理人は何の利害関係も持っていないため、結果がどうなろうとどうでも良いのだが...

なお、この、Chilling Effects ClearinghouseはElectronic Frontier Foundationと米国のいくつかの大学との共同研究として運営されているサイトであり、オンラインでの(主として表現に関する)権利関係の理解を助け、防御についてガイドする内容となっているが、米国の法律に基づくものとなっているため、米国以外で当サイトの情報を利用するには、その点を気をつける必要がある。




■2007年6月3日追記
カテゴリを変更した。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

Google」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: googleの検索結果からの削除について:

 
Google