« BlogPet | トップページ | 画面のハードコピー »

2006/01/30

HTMLの記述の妥当性チェック

ブックマークに追加する

HTMLの記述の妥当性をチェックするサイトに「The W3C Markup Validation Services」というものがある。このサイトでは、「URL」、「単体のファイル」、「直接入力」の3通りで記述のチェックができる。

    このページのcgiのバージョンは2006年1月29日時点で「v0.7.1」となっている。
    試しに、当ブログのトップページをチェックしてみたところ、「Failed validation, 17 errors」と表示される。
    # ちなみに、こんな感じ→ Result for http://freethink.way-nifty.com/
    他所から持ってきたJavaScriptについて文句を言われているものは、スルーするとして、よく見たら、<div>に指定しているのが「class」じゃなくて、「id」で同じものが指定されていると出ている。
    ページを正しくするためには、これらを修正する必要があるが、まあ、とりあえず、表示で問題は出ていないので【いいのか?】、そのうちに直すことにしよう。


■2006年6月11日追記
デザインを変更してから再度チェックしてみた。
エラーはまだ9つ程あるが、内2つが、漢字コード中の文字を拾っており、それを無視すると、他のサイトから持ってきたJavaScript中のエラーのみとなった。
しかもその中に、Google AdSenseから持ってきたJavaScriptがエラーとか言ってるし...
やはり、この妥当性チェックは参考にしかならないようだ。


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: HTMLの記述の妥当性チェック:

 
Google