« テクノラティジャパンのタグ | トップページ | フィッシングサイトの世界地図 »

2006/01/24

東証のシステム能力(NIKKEI NETの記事)

ブックマークに追加する

リンク: NIKKEI NET:経済 ニュース:東証、約定上限を500万件に・システムを緊急増強

それにしても、何か、泥縄的な対応のような気がするのは気のせいかと思い、色々調べてみると、木走さんの木走日記のエントリにかなり詳しくまとめられていた。「抜本的改良は手遅れな東京証券取引所システム〜問われる技術立国日本の脆弱性

また、スラッシュドット ジャパン : アレゲなニュースと雑談サイトのストーリーでも「東証システム、構築は10年前ですでに耐用年数もオーバーしていた」もいろいろな意見が出ている。

それにしても、東京証券取引所(1日900万件)とニューヨーク証券取引所(毎時4,680万件)との処理能力の差にまさしく唖然。上記の木走さんのエントリでは、この数字はあくまでもトランザクション処理件数であるとの断り書きまであるけど、ほとんど2桁違うのは、よくもまあ、東証でシステムを放置状態にしていたかが良くわかる。
同じエントリに、応答時間の話もあり、トランザクション処理と応答時間の話を足すと、単に放置していただけでなく、確信犯ではないかとさえ思えてしまう。

それでも、この状況が落ち着いてきたら、経営側からは「想定外」とかの言い訳が出てきて、結局システム能力についての対処はうやむやのうちに終わりそうな予感が...


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

システム」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 東証のシステム能力(NIKKEI NETの記事):

 
Google