« Google Desktop 3が近々公開される(CNETの記事) | トップページ | メルマガ発行者の邪悪度確認方法 »

2006/02/10

Actiblogその後

ブックマークに追加する
2月9日付けのエントリブログでの正規引用が認められたニュースサイト(CNETの記事)を書いた時点ではよくわからなかったAFP BB Newsと連動したActiblogでの記事の引用方法がやっとわかった。
ニュースをよく見てみると、写真の下あたりにボタンが2つ表示されているものと3つ表示されているものがあり、ボタンが3つ表示されている場合の3つ目がActiblogで記事を引用するためのボタンとなっていた。
あのシステムでは記事引用者を特定の者に限定するため、あえて、システム経由でのみコンテンツを挿入できるようになっている。
ちなみに、当ブログ管理人があそこに作ったブログの引用例はこんな感じ
それ以外で個人のコンテンツをアップロードする場合、個別にアップロードが必要となるため、既にブログを持っている人にとっては、かなり使い勝手が悪い仕組みとなっている。
まあ、使い勝手は今後、改善されていくだろうから、しばらくは様子を見ながら、既に持っているブログの補助として使うのがいいかもしれない。

但し、あのサイトですぐに改善すべき問題点として、ローカルに保管されていたCookieに、サイトにログインするためのIDとパスワードが平文で記録されているのはちょっと問題では無いだろうか?
この問題に目をつぶると、あそこのサイトが捨てアドレスならぬ捨てブログ用の位置づけとなってしまう気がする...

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: Actiblogその後:

 
Google