« ダイスウェア | トップページ | PS3のコスト(by Merrill Lynch) »

2006/02/20

米議員ら、ネット企業の中国事業を非難(CNETの記事)

ブックマークに追加する
リンク: 米議員ら、ネット企業の中国事業を非難--下院の聴聞会にて - CNET Japan
CNET Japanの記事としては、中国にあるウェブサイトを撤去せよ--米議会で法案提出へ、の方がブロガーからのコメントがたくさんついているが、記事の内容としては、こちらの方が記事の原文で関連する情報が多いと思う。
この記事の原文では、公聴会の時の録画(抜粋)へのリンクがあり、この録画の内容を見ている限り、日本語の翻訳よりもかなりキツイ言葉(というか、ほとんど罵倒に近い)が問題の4社に対して投げかけられている。
まあ、自由主義社会のリーダーを自負している国に所属する会社が、事もあろうに、抑圧の象徴でもある共産(独裁)主義政権に対して、(抑圧のための検閲も可能となる)便宜を図った事について、公聴会で質問していた下院議員達は、第二次世界大戦中のナチスのアウシュビッツに協力した某社(CNETの米国の記事参照)と同じような「恥辱」だとまで言っている。
詰問されていた4社の(言い訳)回答録画分については、CNETのサイトでは見当たらなかったけど、もうちょっと探せばどこかにあるかも...

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 米議員ら、ネット企業の中国事業を非難(CNETの記事):

 
Google