« Opera Nintendo Browser | トップページ | Announcing Web 2.0.1 »

2006/02/21

中国のウェブ検閲をめぐる米議会の態度(CNETの記事)

ブックマークに追加する
リンク: 中国のウェブ検閲をめぐる米議会の「二枚舌」 - CNET Japan
CNET Japanに載っているこの翻訳記事について、タイトルの翻訳が原文と比べてかなり違和感がある。
元々のタイトルは
Anti-China hypocrisy in Congress?
となっており、「(米)議会の中に存在する反中国という偽善」についての問題提起となっている。

しかしながら翻訳板では、本文中で特定議員の(米国内における)反民主的態度と、民主主義の敵として言及している対中国への態度がまさしく偽善と言っているが、タイトルが内容と一致していないようだ。
これが「米議会の特定議員が二枚舌」なら理解できるが、ちょっと不思議な翻訳である。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のウェブ検閲をめぐる米議会の態度(CNETの記事):

» アホでマヌケなアメリカ人 [先っちょマンブログ]
CNET Japanでデクラン・マッカラというアメリカ人のコラムを見た。その主張から思うに、マッカラはマイケル・ムーアやジョージ・クルーニーなどと同じ、リベラルな人間であろう。 【CNET [続きを読む]

受信: 2006/02/21 18:23

 
Google