« Mac OS Xのセキュリティアップデート(CNETの記事) | トップページ | 中国独自ドメインの訂正記事(CNETの記事) »

2006/03/03

中国の漢字ベース独自ドメイン(CNETの記事)

ブックマークに追加する
リンク: 中国、漢字ベースの独自ドメインを作成--専門家はインターネットの分裂を懸念 - CNET Japan

この件について、少し調べてみた。
いくつかの資料を調べてみると、この記事には不正確な点があり(これは翻訳の問題ではなく、元記事の内容がそもそも不正確であった)、正しくは、ccTLDの「.cn」ドメイン以下で漢字を使用、(いわゆるIDN(Internationalized Domain Names))というのが今回の記事の情報源と思われる。
なお、該当ドメインについての説明が、CNNICのサイトにあり、このサイトにあった英文ページでは下記のように説明されている。
Q. The usage of Chinese.公司
A. Every registrant of ".公司" Chinese Domain Name will be presented with a Chinese Domain Name with suffix of ".公司.cn";
同じページには、この変換を行うための仕掛け(というか設定が記載されており)、中国国内のサーバについては、「Chinese Domain Names configuration」により変換する設定をすることが各ドメイン登録者に要求されている。
さらに、クライアント側では、Firefoxを使用していると、IEじゃないと駄目とのメッセージが表示され、IEで同じページを参照すると、ActiveXコントロールを強制的にインストールする仕掛けになっている。
このIEのプラグインはCNNICが発行元のプラグインで、英語名では、CNNIC Chinese Navigation for Windowsと呼ばれるものである。

ぱっと見は単なる漢字をPunycodeに変換するだけに見えるが、中国の金盾プロジェクトのことを考えたら、このプラグインがまさしく、中国国内のインターネットユーザをDNSレベルで中国内に閉じこめる仕組みでは無いだろうか(ちょっと妄想入ってますか)?

■2006年3月4日追記
別エントリに、訂正記事がCNNICで出されていることについて言及

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の漢字ベース独自ドメイン(CNETの記事):

 
Google