« サイン生成器 | トップページ | 東証の新システム通信方式の「FIX」 »

2006/03/25

日本の学術雑誌の電子アーカイブ

ブックマークに追加する
リンク: JST、湯川秀樹のノーベル賞受賞論文などを電子アーカイブ化して無料公開

インプレスのInternet Watchの記事。日本の学術雑誌をこれから電子アーカイブ化して無料で公開するらしい。
米国あたりでは、数年前から、IEEE、とかACMとかは、HTMLやPDFで論文を参照できるようになっているが、やっと日本でも同様の体制を整えるようになったようだ。
但し、当ブログ管理人が興味を持ったのは電子アーカイブ化のところではなくて、自動スキャンロボットの内容。
同様の機械はGoogle Book Searchのプロジェクトでも使用されているらしい。

Internet Watchの同記事中には、この自動スキャンロボットの(静止画)写真が掲載されているが、このロボットの作成元のKirtas Technologiesのトップページには、アニメーションGifが貼り付けられている。さらに、Kirtas社のサイトのデモページには、Windows MediaとQuickTimeの動画までダウンロード可能になっている。
試しにWindowsMediaファイルを見たところ、全体は6分余りのコンテンツであった。
なお、スキャンした結果のイメージサンプルも参照可能となっている。

■2008年9月7日追記
久しぶりにKirtas Technologiesのサイトを見たら、FQDNが変わっていた。
よって、上記文中のリンクも書き換えておく。
ビデオの長さとか本数も変わっているが、ま、ご愛敬ということで。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

科学・技術」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の学術雑誌の電子アーカイブ:

 
Google