« 木星の赤い目玉 | トップページ | ajaxOS »

2006/05/09

PythonでExcelファイル作成

ブックマークに追加する

PerlでExcelファイルを作成する場合、Spreadsheet::WriteExcelというライブラリを使用するが、Pythonで同等の機能を持つライブラリがあるか調べてみた。

最初に見つかったのは、Spreadsheet::WriteExcel 1.0モジュールをPythonに移植した、pyXLWriterというものだった。
pyXLWriterはPython 2.1以降の環境で動くライブラリであるが、概略説明の箇所に

Project was stopped

という注釈があり、調べてみると、2005年10月26日に開発を停止した旨の作者の書き込みがあった。

pyXLWriterの作者曰く、

please, see pyExelerator if you want to continue developing of pyXLWriter

訳:pyXLWriterの開発を続けたい方はpyExceleratorを見て下さい。

ということで、をインストールして使ってみた。

Technorati Tags:

インストールそのものは簡単で、該当モジュールをダウンロードおよび解凍後、解凍先のディレクトリで

c:\> python setup.py install

を実行するだけで問題無くインストールは完了。

インストールが問題無いことは、添付されている適当なサンプルファイルを実行してみれば確認できる。
当ブログ管理人は、手打ちで、

>>> import pyExcelerator
>>> w = pyExcelerator.Workbook()
>>> ws = w.add_sheet('test1')
>>> ws = w.add_sheet('test2')
>>> w.save('foo1.xls')

を実行して、ワークシートが2枚あるExcelファイルを確認することが出来た。

なお、サンプルは30種類弱あるため、マニュアルを読むよりは、サンプルを実行してみた方が簡単に理解することができるようだ。




■2006年9月5日追記
当ブログ管理人がさぼっていたサンプルの内容について、逃走航路@hatenaのtenkomaさんが、日記に各サンプルの説明を簡単にまとめていた。
各サンプルについてはtenkomaさんのリンク先をどうぞ。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

Python」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: PythonでExcelファイル作成:

 
Google