« 再び、ブログのデザインを変更 | トップページ | 31ポートのUSBハブ »

2006/06/19

GNU grepの新機能

ブックマークに追加する

リンク: Linux.com | GNU grep's new features

grepは 2.5以降にかなり機能が拡張されており、特に、Bugfix版である 2.5.1a で新機能が全てまともに使えるようになった。

リンク先のページでは、以下のそれぞれの機能について簡単な説明をしている。
一通り見てみるとかなり強力な機能拡張になっている。

  1. 一致した文字列だけを 出力する -o (--only-matching)オプション
    egrep -o '(((http(s)?|ftp|telnet|news|gopher)://|mailto:)[^\(\)[:space:]]+)' logfile
    この機能はかなり強力。

  2. ANSIエスケープシーケンス使用時の一致文字列に色を付ける事ができる --color オプション
    grep --color=always "regexp" targetfile | less -R
    # なお、lessの「-R」は全ての raw 制御文字を出力するオプション

  3. Perl方式の正規表現を使用できる -Pオプション
    以下のサンプルはいわゆる「bell character (ctrl-g)」(要するにBeep音)を検索する例
    grep -P '\cG' targetfile
    # 但し、このオプションはデフォルトではコンパイルされないので注意

  4. 特定ディレクトリ以下を再帰的に検索する -r オプション
    以下の例では、ディレクトリ /usr/local/src にある拡張子 .txt を持つファイルに対して「linux」という文字を含むファイルを全て(再帰的に)検索する
    grep -r --include=*.txt linux /usr/local/src
    # --excludeを使用すると除外したいファイルを指定できる

    以下の例ではシステム全体に対して、「linux」という文字列を含むファイルを再帰的に検索する
    grep -r --device=skip linux /

  5. 大きなファイルに対して行バッファリングを有効にするオプション --line-bufferedオプション
    以下の例では、10行毎にバッファリングを行っている。
    grep --line-buffered -m 10 hugefile.log

なお、この新しい grep は、GnuWin32の最新版や、MacOSX Tigerには最初から含まれているようだ。


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

システム」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: GNU grepの新機能:

 
Google