« CSSを改善する10項目の注意事項 | トップページ | 真夏の怪談(コンピュータ系) »

2006/06/29

smtplib (Python)

ブックマークに追加する

リンク:smtplib -- SMTPプロトコルクライアント
リンク:smtplib -- SMTP protocol client

最近、Pythonのsmtplibを使う機会があったので、気がついたことをメモ

1.使い方は簡単で

import smtplib
s = smtplib.SMTP('localhost')
s.sendmail(<from>,<to>,<msg>)

でメールを送信することが出来る。
# もちろん、このスクリプトはSMTPが稼働している環境で実行する必要あり。

2.メソッド「sendmail」の宛先<to>に複数の宛先を指定したい場合は、リスト型のデータ形式を予め組み立てておく必要がある。
# ここで、単なるカンマやセミコロン区切りの文字列を設定した場合、最初の宛先のみにメールが送信される。

3.CcやBccの宛先も、メソッド「sendmail」の宛先<to>にリスト型データの要素として含まれている必要がある。
# もちろん、CcやBccは3番目の引数で渡されるMIMEメッセージの中でヘッダとして含まれている必要がある

4.送信メッセージ<msg>は予めMIMEを組み立てておき、印刷形式を指定する。
MIMEメッセージの組み立てには

from email.MIMEMultipart import MIMEMultipart
msg = MIMEMultipart()
.....

といった記述が必要。
添付ファイルを付加する場合には、MIMEの組み立て方法に従って、順次追加しておけば良い

5.MIMEの組み立て後の項目の指定方法の具体的な形式は

s.sendmail(msg['From'], addrlist, msg.as_string())

となる。


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

Python」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: smtplib (Python):

 
Google