« Windowsのシャットダウン高速化サービス | トップページ | Ajaxベースのお絵かきツール »

2006/07/08

BIOS用パスワードのバイパス方法

ブックマークに追加する

リンク:How to Bypass BIOS Passwords

リンク先の記事によると、多くのBIOS製造会社では、緊急用にバックドアのパスワードをBIOSに設定しているらしい。

# なお、このリンク先では、多くのBIOSでは間違ったパスワードを
# 3回入力するとロックされてそれ以上動かなくなるようになっている
# ことが多いので、試す前に十分にマニュアルを読む
# ように注意している。

この機能のが役に立つ状況として、使用しているBIOSの設定を残したまま、忘れてしまったパスワードを何とかするためといったことが考えられる。

BIOS設定をいちからやり直すのであれば、CMOSのバッテリーを外せば何とかなる状況も考えられなくはないが...

但し、このCMOSのバッテリーを外す方法は一部のBIOS(ThinkPad系)では使えないことが多く、さらに、バックドアも無い場合もあるので、その場合はメーカーでもどうしようもない。

逆に考えれば、仕事で使うノートPCが盗難にあっても、BIOSおよびHDDにパスワードロックを設定しておけば、情報漏洩のリスクはかなり下がるので、仕事で使うのであれば、少々高価であってもそのようなPCを使うことは利にかなっている。

# 但し、利用者にはそれなりに教育しておかないと、
# せっかく付いている高価な機能が宝の持ち腐れに...


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: BIOS用パスワードのバイパス方法:

 
Google