« 自由に使えるテクスチャー集 | トップページ | JavaScript版Lint »

2006/08/23

故レーガン大統領の世界観

ブックマークに追加する
リンク:Image:Reagan-digitised-poster PNG.png - Wikipedia

ロナルド・レーガン第40代大統領が世界をどう考えていたのかがよくわかる世界地図。

それにしても、今だから笑い話で済むけど、これ大統領の任期中だと左巻き連中がかなり騒いだのではないだろうか?
具体的には、

Technorati Tags: , ,


  • アメリカの半分がカリフォルニア
  • キューバはソ連のコロニー
  • パナマ運河は「我々」の運河
  • イギリスはサッチャーの国
  • ソ連は神を信じないコミュニストと嘘つきとスパイ達の国
  • アフリカはエジプトとその他
  • サウジアラビアは「我々」の石油
  • ポーランドを挟んで「我々」のミサイルと「奴ら(共産圏)」のミサイルが並んでいる
  • 日本は(車の)会社
  • 中国は「我々」の中国(台湾)と「奴ら」の中国
  • オーストラリアはカンガルーの国
  • パレスチナ人には、シベリアの果てに住むことを提案中

あと、地図のリンク先と縮小したイメージは下記の通り。
Reagan-digitised-posterr
# この縮小図のリンク先はWikipediaの該当記事
# リンク先には1152ピクセル×815ピクセルの高解像度のイメージもある。


同じような世界地図を各国の首脳クラスに書いてもらうと結構、面白いのでは無いだろうか?
# 胡錦濤あたりが書くと、東アジア全域を真っ赤に書いてシャレにならなさそうな気もするが...



■2007年9月11日追記
よく似たネタで、米国人の世界観を表した地図を見つけた。

リンク:BoredStop.com - Perception of World by Americans


こちらの方はこんなイメージ

米国人は世界をこう考えている...


日本はテレビとカメラで、東南アジアとインドは従業員製造所...

まあ、それでも、ロシア人の世界観は、別のエントリの地図とそんなに変わらなさそうなので、まだマシカモ知れない。


■2008年4月20日追記
さらに別の米国人の世界観の地図

リンク:"The World According To Americans" - Pixdaus

ある米国人の世界観


このネタ、大体、一年ごとに出てくるのかもしれない。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 故レーガン大統領の世界観:

 
Google