« Pexpectで対話型プログラムを自動化 | トップページ | 速読練習サイト(その2) »

2006/08/24

中国の内政干渉(またですか...

ブックマークに追加する
リンク1:読売新聞:南京大虐殺検証で名誉棄損、日本人著者らに賠償命令
リンク2:産経新聞:南京事件裁判 関連書籍著者らに160万元の賠償命令

裁判自体は基本的に中共のプロパガンダで、中国という国が法治国家では無いということがよくわかる。
まともに相手する必要は全くないと思うが、放置しておくとプロパガンダを世界中にまき散らされるので、それなりの反論は必要だろう。

それにしても、同じ裁判に関する産経新聞の記事と比べながら読むと、読売新聞の記事では原告側の言い分だけしか載せておらず、被告側の言い分を載せていないのは記事の構成として中途半端ではないか?

さらに法解釈上の問題点(裁判の進め方がそもそも法治国家としての体を成していない)について指摘すらしていないのは、中共のプロパガンダを垂れ流す装置に成り下がってしまったのだろうか?
# そうではないと期待したいが...

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の内政干渉(またですか...:

 
Google