« Simpsons作成ツール? | トップページ | パスワード。ここまでやれば完璧? »

2006/08/02

Python版のmechanize

ブックマークに追加する

リンク:mechanize

HTMLコンテンツの取得を自動化するPerlライブラリWWW::MechanizeのPython移植版を使ってみた。

Python版mechanizeのインストールには、EasyInstallを事前にインストールしておく必要がある。

1.Easy Installのインストール
ez_setup.py」をダウンロードして「python ez_setup.py」を実行する。
このスクリプトを実行すると、自動的にcheeseshop.python.orgからsetuptools(2006年8月1日現在はsetuptools-0.6c1-py2.4.egg)がダウンロードされ、自動的に解凍されて、(Windowsの場合)「Python2x\Scripts」以下にインストールされる。

なお、Windowsの場合、環境変数のPathに、このディレクトリを含めておく必要がある。

2.mechanizeのインストール
mechanizeのページにあるDownloadのリンクより、「mechanize-0.1.2b.tar.gz」または、「mechanize-0.1.2b.zip」をダウンロードし、解凍する。
解凍後に

# python setup.py build
# python setup.py easy_install --no-deps .

を実行する。
ここで、easy_installの引数に「.」を必ず指定する。

3.mechanizeのインストールの確認
mechanizeの解凍ディレクトリにある「test.py」を実行する
「test_mechanize.UserAgentTests」でエラーが出るが、手元にあるスクリプトを動かすと正しく動くので気にしないことにした。



■2006年8月12日追記
Mechanizeに関して、もっと詳しく試している内容を書いている記事があったので、以下にリンク先を追記
リンク:easy_installを使って、mechanize for Pythonを試してみる
このリンク先の記事では当エントリで書いていない拡張子「.egg」についての説明や、Windows環境で試した時の画面のメッセージが書かれている。


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

Python」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: Python版のmechanize:

 
Google