« 曲がったスプーン | トップページ | アクセスのしやすさチェック »

2006/09/11

Amazon unboxの危ない(?)機能

ブックマークに追加する

リンク:My fight with Amazon Unbox - Alpha Blog - alpha.cnet.com

各方面から好意的な注目を浴びていたAmazon.com Unbox Videoのサービスについて、とんでもない機能(仕様?)が隠されていたという話。

なお、国内では、例えば、CNET Japanの記事「アマゾンドットコム、動画配信サービス「Amazon Unbox」を発表」では、2006年9月11日の午前2時時点で43件ものトラックバックが付いており、興味を持っている人はたくさんいる。

で、その隠されていた機能について、

リンク先のエントリやリンク先エントリのコメント欄にインプレッションとして記載されている。

これらのコメントをざっと見た感想としては、


「これはひどい」

としか思えなかった。

しかも、このサービスを試した人たちはAmazonの新サービスに期待していたものだから(その反動として)怒る怒る。

まあ、Amazon Unbox専用のPlayerが数分毎にクラッシュするとか、アンインストールしようとしたら、ログインしないとアンインストール出来ないとか、インストーラが勝手にスタートアップにプログラムを登録するとか、勝手に特定のポートを開けるとか、一歩間違うと、トロイの木馬と呼ばれても文句を言えないようなレベルのサービスだと怒る人は多いだろう。

エントリ先のコメントでは、昨年にあった、「ITmedia エンタープライズ:SONY BMG「rootkit的」DRM悪用のトロイの木馬が出現」の一連の騒ぎとの類似性を指摘しているものもあった。

果たしてこのサービスは日本に無事に上陸できるのだろうか?

少なくとも、当ブログ管理人は、このような変なプレイヤーの前提条件でしか再生出来ないサービスであれば、使うことは無いと思う。

iTMSとは別の切り口によるコンテンツの集約と配信を期待していたが、最初からこれ(iTMSの劣化コピー?)では、前途多難だ。
# 同情はしないが...


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

知的所有権・DRM」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: Amazon unboxの危ない(?)機能:

 
Google