« VeriChipの情報はコピー可能 | トップページ | 濡れた物厳禁 »

2006/10/06

PowerPoint共有サイト

ブックマークに追加する
リンク:slideshare (BETA)

TechCrunch Japanese紹介されていた、slideshareというPowerPointを共有できるサイトを試してみた。
紹介されている通り、ユーザインタフェースはあの、YouTubeとよく似た構成となっており、アップロードしたPPTファイルに対してユニークなURIが発行される。

いわゆる埋め込み用HTMLでは、スライドの先頭が表示されるが、発行されるURIでは、スライドの先頭だけでなく、途中のページも直接指定することが出来る。

現在は招待ベースで参加出来るようになっているが、招待以外でも直接、slideshareの管理者宛にメール(英文のみ)を送ると、招待メールが届く時もあるようだ。

で、早速、管理者宛に招待を希望する旨を連絡して、招待してもらったので、試してみた。
まず、他人がアップロードしたPowerPointのファイルはslideshareが用意したFlashインタフェース経由で表示される。

リンク:TechCrunch SlideShare Test
このURIをよく見ると、最後に数字が含まれており、この数字がスライドのページ数(先頭を1としたもの)に該当する。


さらに、日本語を含んだファイルを適当に作ってアップロードしてみたが、特に問題無く表示される。
■適当【!】に作ったPowerPointのファイルをアップロードしたもの。


# PPTのタイトル部分の文字が強制改行されてしまっているのは、ご愛敬かも。

さらに、タグやコメントの投稿でも問題無く、日本語が表示されており、このサービスはかなり使えそうだ。
リンク:休暇の計画(Page 3)


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: PowerPoint共有サイト:

 
Google