« 片輪走行 | トップページ | サルでもわかる円周率の定義 »

2007/01/22

写真撮影が禁じられた彫刻

ブックマークに追加する
リンク:The Stranger Arrested | Slog | The Stranger's Blog | The Stranger | Seattle's Only Newspaper
紹介元:Boing Boing: Sign forbids photography of lousy statue

世の中には、時々、意味を成さない禁止事項というものが存在する。

この写真撮影が禁じられた彫刻は「Typewriter Eraser, Scale X」という名称で、Claes Oldenburg氏とCoosje van Bruggen氏の両名によるものであり、この彫刻が美術館の中に設置されているのであれば、掲示した禁止事項について反対を唱えるものはあまり居ないと思われる。

この彫刻の但し書きでは、下記の文言が記載されている。
Sorry, photography of this sculpture is prohibited.
訳:残念ながら写真撮影は禁じられています。
しかしながら問題の彫刻は公共の場所に設置されており、彫刻に近寄ってみない限りこの禁止事項について気が付く人はいない。

この結果、問題の写真はインターネット上のあちこちに存在することとなった。
具体的には、以下の通り

Technorati Tags: ,

1.Google image 検索の結果(2007/01/22時点):
Results 1 - 18 of about 130 for typewriter eraser. (0.13 seconds)

2.Flickr検索の結果(2007/01/22時点):
We found 98 photos matching Typewriter and Eraser.


しかもFlickrに投稿されてるのはCreative Commonsライセンスになってるし...


以下、その内のひとつ。


  Claes Oldenburg + Coosje van Bruggen, Typewriter Eraser, 1998, Hirshhorn Museum, Washington D.C. 
  Originally uploaded by hanneorla.






そもそも最初にあの禁止事項を書いたのはいったい誰なんだろう?

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

知的所有権・DRM」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 写真撮影が禁じられた彫刻:

 
Google