« 自転車の盗難防止策とは? | トップページ | 最近のトラックバックスパム »

2007/03/28

テロリストを釣る方法

ブックマークに追加する
リンク:Catching Terrorists 2.0 - Google Blogoscoped

Google Blogoscopedの筆者が、Mathias Schindler氏の考えたテロリストの釣り方を簡単にまとめている。
具体的には以下の3つのステップで釣るらしい。

Technorati Tags: ,



  1. AdWordsで「爆弾の作り方」とか、「タリバンになるには」とか(日本国内だと中核派とか赤軍とか)というキャンペーン語を作る
  2. この単語が埋め込まれたサイトに誰かがアクセスすれば、当然、アクセスログが残るのでIPとか時間を記録しておく
  3. 証拠が揃えば、捜査令状発行。タイーホ
もちろん、これをあからさまにやると、誰も広告をクリックしなくなるので、そのあたりはうまくやる必要がある

以下の画面コピーは、実際にこの罠が仕掛けられている広告らしい

テロリストを釣るAdWords

たしかに、これだと罠ということがすぐにバレてしまう...

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: テロリストを釣る方法:

 
Google