« Google Readerの機能強化 | トップページ | パバロッティ氏お亡くなりに...合掌 »

2007/09/09

米国のB52の記事の件

ブックマークに追加する
先週の木曜日(9/6)のCNN他のニュースサイトで、米国のB52がポカミスみたいな原因で、核弾頭を搭載したまま飛行してました、みたいな記事が掲載されていたが、このB52の写真をちょっと調べてみた。


まず、最初のとっかかりとして、WikipediaのB-52の項を見てみたが、ここには面白い写真が無かった。

単に壁紙を探すだけならば、米軍の公式サイトでもイイのだが、今欲しいのはもっとインパクトのある写真。

で、爆弾投下中の写真は、何故か、Red SoxとRoyalsの野球の試合についての掲示板tims4winsという人が投稿していた。

爆弾投下中のB52

# リンク先にはもっと大きな写真あり

なんかぽろぽろ落としている...



次に見つけたのが、Pix :: B52 Crashとタイトルが付けられた画像掲示板に掲載されていた、今にも墜落しそうな写真。

今にも墜落しそうなB52

# リンク先にはもっと大きな写真あり

この写真はタイトルは高度を失いつつあるとリンク先の掲示板では説明書きが付け加えられているが...



その次に見つけたこの写真がどうやら、今回の記事になっていた問題の核弾頭らしい。
これは、Military AircrewというフォーラムのB52 over America with 6 Nuclear War heads ** a Mistake **というスレッドに投稿されていた。

B52に搭載されていた核弾頭らしい...

# リンク先にはもっと大きな写真あり

え、これが問題の...



で、このB52一体、どれぐらいの爆弾が積めるのか、デモをしている写真を探してみて、以下の2つを見つけた。

まず一枚目
この写真は、KITCOというサイトのAxstones Notepad on GOLD_technical/fundamentalsというスレッドに投稿されていたもの。

B52にはこれだけ爆弾を搭載できるというデモ?写真

# リンク先にはもっと大きな写真あり

これ、確かにたくさん積めることがわかるが、以下のMilitaryImagesのサイトのMilitary Images Photos Pictures Forumsに投稿されていた写真と比較すると、何か気の利いた言葉が足りない。

 Photopost Data 642 44T-B52-1

# リンク先にはもっと大きな写真あり

この「The Terrorists have won the toss and ellected to receive」(写真文中のellectedはelectedのtypo)って訳すと、「テロリストの諸君、君たちは選ばれた。心おきなく投げつけてやるから受け取りたまえ。」って感じ。




で、このB52、航空機新聞社記事によると、空母に積めるらしい。

B52運搬中...

# リンク先にはもっと大きな写真あり

えっと、これはネタ?



まあ、それでもB52と空母がFly Byしている写真も存在するのであながち嘘とも言えないような。

空母の近くをFly ByするB52

# リンク先にはもっと大きな写真あり

で、この写真のB52と空母の大きさを比較すると、航空機新聞社の写真は、Photoshop仕事というには、サイズがかなり似通っているように思われ


■2007年9月29日追記
すでに、B52ネタではないが、空母つながりで、以下の写真も貼っておく。
空母の甲板の文字が(F**K IRAQ)になっている...


う〜ん、これはPhotoshop仕事だろうか?



■2008年9月28日追記

PixdausにB-52の写真が投稿されていた。

B-52の飛行を上側から見た写真

これ、どこで撮影されたのだろう?

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

自動車/乗物/交通機関」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 米国のB52の記事の件:

 
Google