« ビルマのインターネット回線が切断された件 | トップページ | ロシア製の変わった戦車 »

2007/10/06

中国ではRSSフィードは禁止されました

ブックマークに追加する
RSSは多数のウェブサイトの更新状況を効率良くチェックするには欠かせない機能であるが、SOFTSUPPLiERによると中国ではあの金盾のFirewallによってRSSフィードが弾かれているらしい。

リンク:TechPin » RSS Feeds Banned by the Chinese Government

この記事の説明によると具体的には、以下のURLへの要求が自動的に却下される。

Technorati Tags: ,


  • rssで始まるURL
  • blogで始まるURL
  • feedsで始まるURL

一見、単純に見えるが、一般的なRSSフィードのURLは上記のルールのどれかに当てはまる場合がかなり多いので、これらのURLをフィルタリングする(中共にとっての検閲)効果は非常に高い。

で、このフィルタリングの抜け道は、オンラインのRSSリーダというかフィードアグリゲーター(リンク先の記事では、NewsGatorを例に使っている)を使えば、フィードの提供元の設定に依存するが、とりあえず、記事は読めるらしい。

もちろん(というか中共のやることなので予想通り)フィードアグリゲーターから記事のオリジナル全文を読むためにリンクをクリックすると終了...orz

そうすると、フィード提供元が要約フィードのみしか提供していないと本文の詳細は確認出来ないし、タイトルだけフィードなんてのはまったく無意味。これで、中国国民が中国共産党の不都合な真実を知る機会がまたひとつ減った。


■2007年10月11日追記
TechCrunchでもこの中国の件についてエントリが投稿されており、ひとつの見方として、非関税障壁では無いか?との疑念を提示している。


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 中国ではRSSフィードは禁止されました:

 
Google