« フラクタルな画像集 | トップページ | フォーミュラ1の速さとは »

2007/12/06

環境NGOの恣意的な賞

ブックマークに追加する
インドネシア・バリ島で3日始まった気候変動枠組み条約の第13回締約国会議において、環境NGOによって化石賞が日本に対して贈られたとの記事がイザ!に載っていたが、当ブログ管理人には実に恣意的な賞にしか見えない。

リンク:「環境NGOの批判、日本へ集中 ワースト賞「本日の化石賞」総なめ」話題!‐環境・エコニュース:イザ!

これ、記事を読んでいるだけでは、姿勢とか恣意的な要素が多分に含まれるものが基準となっているようであるが、まず、以下のCDIAC(Carbon Dioxide Information Analysis Center)によるグラフを見て欲しい。

Technorati Tags: , ,



二酸化炭素排出量の多い国Top16グラフ

# グラフはgraphwiseに投稿されていたもの
# グラフをクリックするとgraphwiseの該当記事のページに飛びます


このgraphwiseのデータはList of countries by carbon dioxide emissionsのデータが加工されたものであるが、このグラフの中で日本は6番目になっている。
日本を含めたTop6のデータは以下の通り。(単位は千立方メートルトン)
  1. 米:6,049,435
  2. 中:5,010,170
  3. EU:3,115,125
  4. 露:1,524,993
  5. 印:1,342,962
  6. 日:1,257,963


これを見ると、米国や中国は日本の排出量の4倍以上であり、既にロシアやインドの方が日本よりも排出量が多い。


この環境NGO「気候行動ネットワーク(Climate Action Network)」とやらは一体、どんな

科学的(笑)

な指標を使っているのだろう?

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 環境NGOの恣意的な賞:

 
Google