« ロシアは寒い | トップページ | 名刺でアニメーション »

2008/02/11

世界初、硫黄で動く車

ブックマークに追加する
先週、AutoblogGreenで、世界初の硫黄で動く車が紹介されていた。

リンク:Video: the world's first sulfur powered vehicle - AutoblogGreen

正確には、硫黄とグラファイト(いわゆる炭素)、銅、アルミニウムを触媒として水から水素を取り出し、燃料電池に使うということらしい。
この原理について、製造元のTurtle Island Energyが作成した動画も同じ記事にて紹介されていた。

Technorati Tags: , ,







この解説動画中にてこの硫黄を使う燃料電池の原理が解説されているが、
2OH- + S -> H2 + SO2 + e-
2Al + 3S + 12 H2O -> Al2(SO4)3 +12 H2
の化学反応で水素が出来ている。











硫黄酸化物がなんかできているけど、これ、どうするんだろ?
なんとも微妙な原理の車のような気がする。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

自動車/乗物/交通機関」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初、硫黄で動く車:

 
Google