« 過剰包装について | トップページ | 実写版テトリス »

2008/04/19

初期の商用インターネットの仕組み

ブックマークに追加する
商用インターネットが開始されて間がない頃、ネットに繋ぐには電話回線とモデムが必要で、このモデムが出す独特の音について、当時、口だけで相手の機器を反応させることが出来る人が居るという都市伝説があった。

で、その都市伝説を再現した動画が、The New York TimesのLaugh Linesで一昨日に紹介されていた。

リンク:Proof That Slow-Speed Internet Is Old Hat - Laugh Lines - Humor - New York Times Blog

当時、ISPの中の人はこんな仕事をしていた.....









わけではないが、あの音は久しぶりに聞いた。

Technorati Tags: , ,













なお、当ブログではアクセス解析にGoogle Analyticsを使っているが、接続速度のレポートを見ると、アナログモデム経由でのアクセスが、まだ2,3%存在するので、人によっては、アナログモデム(というかあの音)はまだ現役だったりする。


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

歴史」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 初期の商用インターネットの仕組み:

 
Google