« プレデターのマッシュアップ動画 | トップページ | ライフルを1分以内に組み立てる少女 »

2008/09/02

NSAの盗聴法についての一考察

ブックマークに追加する
米国のNSA(National Security Agency:米国国家安全保証局)が絡んでいるForeign Intelligence Surveillance Actに関してEFF(Electronic Frontier Foundation:電子フロンティア財団)の人がAT&Tの秘密の部屋で行われている内容を揶揄する動画を作っており、これが、BoingBoingで紹介されていた。

リンク:Cartoon depicts what went on in the NSA's wiretapping room at AT&T

全てのメール、ウェブページ、ウェブ検索といった情報がその秘密の部屋に入っていく...






で、秘密の部屋の中には大きな赤ん坊がミルク代わりに情報を飲んでいると...
# 使い道謎。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: NSAの盗聴法についての一考察:

 
Google