« 人間の目は実はすごい | トップページ | F-35Bという垂直離着陸機 »

2008/10/15

鉛筆に電圧をかける実験

ブックマークに追加する
鉛筆に電圧をかけるとどうなるかという実験。
# お家でやると危険
# 真似したい場合はきちんとした消火設備(大量のバケツと水があると安心)を用意してから

リンク:When Is Carbon an Electrical Conductor? | Popular Science

このリンク先の実験では13Vの電圧を鉛筆の両端に対してかけているが、黒鉛部分が加熱して木の部分が燃え落ちてしまっている。








この現象はいわゆる電気火災と同じ原理でもあるので、電気の取り扱いには注意しないと駄目なことがよくわかる。



■2010年7月8日追記

他にも同じような実験をしている人が居た。

リンク:Pencil Fire on vimeo


Pencil Fire from Robb Godshaw on Vimeo.






もちろん、鉛筆の木の部分が120Vの電圧に耐えることができない。


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

科学・技術」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆に電圧をかける実験:

 
Google