« 前人未踏な卓球のサーブについて | トップページ | リスボンの光の祭典のスライドショー »

2009/02/01

広告会社の終焉

ブックマークに追加する
10日程前のCool Infographicsで、広告のあり方というか、マーケティングの変化をわかりやすく解説したアニメーションが紹介されていた。

リンク:Cool Infographics: Dramatic Shift in Marketing Reality

もはや昔のようにマスだけでは効果が出にくくなっているという、この方面の人にはごく当たり前の解説であるが、非常にわかりやすい。




Scholz & Friends: "Dramatic shift in marketing reality" - aka "A short history of marketing" ... from Michael Reissinger on Vimeo.







この解説動画の後半で述べられている、ソーシャルな経路にいかにして入り込むかというのは、宣伝主からして重要な問題であろうが、これらのソーシャルな経路に侵入してくるブランド広告について、スパム行為を行う(嘘つき)連中に対しては、消えてくれた方が世の中のためになるかと。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: 広告会社の終焉:

 
Google