« 世界で最も危険な橋 | トップページ | 猫をラッピングする方法 »

2010/01/07

ポリ塩化ビニルで出来たシロフォン

ブックマークに追加する
ポリ塩化ビニルは、水道パイプや電線の絶縁材や断熱材や防音材などでよく使われる非常にありふれた材料であるが、このポリ塩化ビニルのパイプを使って楽器を組み立てた人がいる。

リンク:cre.ations.net - Creation: PVC xylophone

この楽器、スティックで叩くとちゃんと音が出てくる。さらに、音程(FからFまでの2オクターブ分)を出すために、それぞれのパイプの長さは異なっている。








なお、演奏されている曲はブルー・マン・グループ(amazonのアフィリエイトリンク)のテーマ曲

さらにこの楽器をもう少し調べてみると、eHowにこの楽器の作り方が載っていた。

リンク:How to Make a PVC Pipe Instrument | eHow.com

この作り方解説によると、音階を作りたければ、例えば一番短い(高い音程)のパイプが6インチの長さであれば、次のパイプは12インチで、その次は18インチといったように倍数にしていけば良いらしい。


●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

音楽」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

●トラックバックされる方へのご注意
本文中でこのエントリのアドレスを引用してください。引用(言及リンク)がない場合はスパム(迷惑行為)として削除します。
なお、迷惑行為かどうかを人力で判定しているため、トラックバックが反映されるまでに少々、お時間を頂いています。
For foreigners: If you would like to trackback to this entry, please include permlink of this entry in your entry. If your entry doesn't include this permlink, I will delete your trackback as spam.

この記事へのトラックバック一覧です: ポリ塩化ビニルで出来たシロフォン:

 
Google