« ダチョウはラップの名手 | トップページ | 原動機付き車イス »

2010/07/07

slというunix/linuxコマンドについて

ブックマークに追加する
Unix/Linuxを使う人が生まれて初めて入力したコマンドは「ls」であることは、ほとんどの人が同意してくれると思う。
そして、この ls コマンドを間違って sl と入力してしまい、コマンドプロンプトから寂しく「command not found」と返された経験を持つ人も多数居ることと思う。
# 特にタッチメソッドでタイプする人はlとsは両手の薬指なので、少しの時間差ですぐにtypoが...

しかし、最近、Linuxのディストリビューションによっては sl というコマンドが用意されている場合もあることを知った。

リンク:Ubuntu Manpage: sl - display animations aimed to correct users who accidentally enter

このslコマンド、デフォルトではインストールされていないのであるが、Ubuntu 10.04のコマンドプロンプトで sl と入力すると、なぜか以下のように表示される。


$ sl
The program 'sl' is currently not installed. You can install it by typing:
sudo apt-get install sl

ここで、試しにapt-getでインストールすると、こんな画面が表示された。







もちろん、SL(Steam Locomotive)のシャレだったりする。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

システム」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



 
Google