« コインサイズの紙飛行機 | トップページ | ロンドンのTwitter24時間 »

2011/04/08

Linuxは生誕20周年を迎えました

ブックマークに追加する
Linus Torvalds氏が1991年にネットにて公開した1万行余りの小さくてホビーなオペレーティングシステムは、20年を経て今や1400万行を超える規模のOSとなり、大企業等のエンタープライズ用途だけにとどまらず世界最大級のサービス(Facebook, Twitter, Google, Amazon, etc)でも多数使用されている、存在しないととっても困るOSとなりました。

リンク:The 20th Anniversary of Linux

この動画はこのOSの20年間の歩みを3分40秒弱の動画で解説しています。









自分がLinuxを使い出したのは1995年ぐらいで、当時はたまに使う程度(仕事ではまだまだUnixの方が多かった)だったけど、9年ぐらい前にはLinuxとUnixの使用頻度は(仕事でも)逆転し、今では、Unixはお家で使うMacぐらいで、仕事ではサーバはほぼLinux(時々Windows Server)になりました。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



 
Google