« ジェットエンジン付きゴルフカート | トップページ | 一円玉の力で駆動するラジコンカー »

2011/05/01

ゼリーの調理に建築家のセンスが必要な場合

ブックマークに追加する
英国の食品とデザインのコンサルタント業を行っているSam Bompas氏とHarry Parr氏による、とても独創的なゼリーのプレゼンテーション

リンク:Bompas and Parr: Return of the Jelly Knights

ゼリーを流し込む容器に様々な工夫があり、仕上がったゼリーの形状がとってもユニーク。



Bompas and Parr: Return of the Jelly Knights from Gestalten on Vimeo.







ゼリーの調理もここまで来ると建築デザインのセンスが必須。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



 
Google