« ハードディスクはこうなってる | トップページ | 毛糸な赤い飛行機の郵便屋 »

2011/06/25

芸術表現としての騒音について

ブックマークに追加する
街の中や工場などで、連続して聞こえる音も表現方法によっては芸術になる件

リンク:Zimoun : Compilation Video V2.8 | Sound Sculptures & Installations

モーターと紐やバネや紙、等で作られており、音楽じゃなく、自然の音色でも無いのに、興味深い音になるという不思議な世界。



Zimoun : Compilation Video V2.8 | Sound Sculptures & Installations from ZIMOUN VIDEO ARCHIVE on Vimeo.







この装置、何か製品を作っているわけでもなく、単に音を出しているだけであるが、外部からは何か仕事をしているように聞こえるから不思議。

●お探し物は見つかりましたか?まだの方は以下の検索をご利用下さい。
 
当ブログ内 (within this blog) Web
●当ブログのRSSフィードをお手持ちのRSSリーダーにご登録いただくと、エントリ追加時のみ更新通知が届くため、確認の手間が省けます。よろしければ、どうぞ。
当ブログのRSSフィード
●当ブログの更新情報+α(deliciousのブックマーク他)はTwitter経由でも確認できます。是非フォローしてください。(実はRSSフィードよりも更新が早かったりします)

|

文化・芸術」カテゴリの記事

blog comments powered by Disqus


●Google広告


●その他の広告



 
Google